和白の野鳥
 *** 和白の野鳥 ***  更新:2024.02.21
 福岡市東部には和白干潟があります。ここには、四季折々多くの野鳥が集まり、バードウォッチングには最適です。
 ここを中心とした野鳥とのふれあい、いろんな野鳥との出会いが楽しみで、いそいそと出かけています。
 
     
緋連雀、黄連雀 / 2月
             
 年によって飛来数にばらつきがありますが、今年は多く飛来しているようです(ネット情報も多い)。緋連雀は西日本、黄連雀は東日本への飛来が多いといわれていますが、同じ集団内で見られることも多く今年も同時に見ることができました。美しく個性的な色合いと容姿をしていること、木の実などを食べながら集団で行動することの特徴から他の野鳥とは容易に判別できます。
 肉眼で見ていてもよくはわかりませんが、レンジャクの舌はカギ状になっていて好物の木の実を器用に口の奥に運び入れています。
緋連雀:全長は約17cm 黄連雀:全長は約19cm